So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

京都迷宮案内(建仁寺・知恩院・哲学の道・法然院・大覚寺・天龍寺・野宮神社・嵐山モンキーパークいわたやま) [出張]

今朝の鴨川。
本日は快晴であった。
DSCN0432[1].JPG

建仁寺
DSCN0433[1].JPG

DSCN0434[1].JPG

DSCN0435[1].JPG

DSCN0436[1].JPG

DSCN0437[1].JPG

7年ぶりに平成21年まで朝日放送において放送されてたドラマ京都迷宮案内に出てた田舎亭に立ち寄った。
橋爪功、北村総一朗がいる気配は無かった。
DSCN0440[1].JPG

DSCN0439[1].JPG

知恩院
DSCN0441[1].JPG

DSCN0442[1].JPG

DSCN0443[1].JPG

哲学の道
ここも7年ぶり。
前回とは反対で南禅寺→銀閣寺の方向で歩いた。
DSCN0444[1].JPG

DSCN0445[1].JPG

DSCN0446[1].JPG

DSCN0452[1].JPG

法然院
DSCN0451[1].JPG

DSCN0447[1].JPG

DSCN0448[1].JPG

DSCN0450[1].JPG

大覚寺
DSCN0453[1].JPG

DSCN0454[1].JPG

DSCN0455[1].JPG

DSCN0456[1].JPG

DSCN0458[1].JPG

DSCN0459[1].JPG

DSCN0460[1].JPG

DSCN0461[1].JPG

DSCN0462[1].JPG

天龍寺
DSCN0463[1].JPG

DSCN0464[1].JPG

DSCN0465[1].JPG

DSCN0466[1].JPG

DSCN0468[1].JPG

DSCN0469[1].JPG

野宮神社
DSCN0470[1].JPG

竹林
DSCN0471[1].JPG

渡月橋付近の桂川
DSCN0472[1].JPG

DSCN0473[1].JPG

嵐山モンキーパークいわたやま
DSCN0474[1].JPG

DSCN0475[1].JPG

DSCN0476[1].JPG

DSCN0477[1].JPG

DSCN0478[1].JPG

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

松山城・梅田スカイビル空中庭園展望台 [出張]

四国は高松なら行ったことあるが松山は生まれて初めて。
(松山城)
DSC_0005.JPG
城までは一キロ程のバイキングコースを登らなければならないのが過酷。
DSC_0006.JPG

DSCN0425[1].JPG

DSC_0007.JPG

DSCN0419[1].JPG

DSC_0009.JPG

DSCN0420[1].JPG

DSCN0423[1].JPG

DSCN0424[1].JPG

DSCN0426[1].JPG
松山駅に自動改札機が無かったのが意外であった。
DSCN0427[1].JPG

その後は大阪へ

(梅田スカイビル空中庭園展望台)
DSC_0010.JPG

京都方面
DSCN0428[1].JPG
天王寺方面
DSCN0429[1].JPG
神戸方面
DSCN0431[1].JPG
nice!(4)  コメント(0) 

唐津城 [出張]

今日は記念すべき日となった。
何故なら初めて九州に来たからである。
佐賀の唐津城を訪れた。
DSC_0002.JPG

DSCN0418[1].JPG

DSC_0004.JPG

DSCN0418[1].JPG

(天守閣からの眺め)
DSC_0003.JPG

DSCN0416[1].JPG

DSCN0417[1].JPG
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

キテレツ大百科「国際親善?スカートをはいたブタゴリラ」 [エンターテイメント]

キテレツ大百科において個人的に印象に残ったエピソードを触れる。
第287話「国際親善?スカートをはいたブタゴリラ」
DSCN0408[1].JPG

(キャスト)
木手英一
コロ助
トンガリ
ブタゴリラ
勉三
リチャード
など

(概要)
ある夜ブタゴリラが罰ゲームでスカートを履いて町内1週というものをしてたところ、リチャードというスコットランド人に出逢う。
DSCN0409[1].JPG
スカート姿のブタゴリラを見て寄ってきて感激する。
DSCN0410[1].JPG

何故なら故郷のスコットランドの民族衣装に似ていて懐かしく思ったからであった。
そのリチャードという青年はちょうど家賃を払えなくなってアパートを追放されたところであり尚且つ勉三と同じ大学で知人であった。
DSCN0411[1].JPG

そこでこの出逢いでブタゴリラの八百八に居候になることが決まる。
DSCN0412[1].JPG

そんな時トンガリがイギリスの新聞を持ってきた。
なんとそこにはリチャードが殺人事件の指名手配犯だという記事が載ってた。
そこへリチャードが来てしまい、トンガリと二人きりにしてほしいといって、ブタゴリラの部屋へ。
DSCN0413[1].JPG

リチャードはトンガリに「ここでじっとしてろ」といってどこかへと出て行った。
DSCN0414[1].JPG

その後勉三が来て例の新聞を見てもらったところ、リチャードがイギリスの貴族の子孫で日本に留学中であるという記事で、隣の記事と混同していたのであった。
リチャードはこのことを知られたくないために敢えて貧しいふりをしてたようだ。
DSCN0415[1].JPG

馬鹿笑いするほど盛り上がった回であった。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

仮面ライダーシリーズ・スーパー戦隊シリーズ [エンターテイメント]

一昨年の今頃よりある切っ掛けから小学校の時以来に特撮にハマった。
基本的に「仮面ライダーシリーズ」「スーパー戦隊シリーズ」を軸に観てるが当時とは違った見え方がして更に面白い。

(仮面ライダーシリーズ)
昭和仮面ライダーシリーズを一通りクリアして、昨年の今ぐらいより平成仮面ライダーシリーズも観始め思ったよりもいいのばかりであった。
平成シリーズにおいては仮面ライダークウガ、仮面ライダー555がベラボーに良かった。

クウガに関しては、昭和仮面ライダーシリーズしか観たことない人でも充分馴染めるシンプルな内容。
555に関しては、内容は複雑であるものの、怪人側にもスポットを当てた内容で完成度が高い一作。1話1話毎回が先の気になる内容で1週間で一気観した。

更にオープニングテーマも仮面ライダー555「Justiφ's」(ISSA)、仮面ライダー剣「Round ZERO〜BLADE BRAVE」(相川七瀬)、仮面ライダーカブト「NEXTLEVEL」(YU-KI)、仮面ライダーエグゼイド「EXCITE」(三浦大知)と素晴らしい唄があった。

個人的に昭和仮面ライダーシリーズにおいてはアマゾン、平成仮面ライダーシリーズにおいては555が一番良かったと思う。
DSCN0406[1].JPG

DSCN0407[1].JPG


平成仮面ライダーシリーズの総集編的な雑誌を購入するまでに関心を持った。
ここまでハマるとは夢にも思わなかった。
DSCN0403[1].JPG

◎:非常に素晴らしい 〇:素晴らしい △:比較的イマイチ×:イマイチ
(昭和1期)
仮面ライダー:◎
仮面ライダーV3:◎
仮面ライダーX:◎
仮面ライダーアマゾン:◎
仮面ライダーストロンガー:◎
(昭和2期)
スカイライダー:◎
仮面ライダースーパー1:◎
(昭和3期)
仮面ライダーBLACK:◎
仮面ライダーBLACKRX:◎
(平成1期)
仮面ライダークウガ:◎
仮面ライダーアギト:△
仮面ライダー龍騎:×
仮面ライダー555:◎
仮面ライダー剣:〇
仮面ライダー響鬼:△
仮面ライダーカブト:△
仮面ライダー電王:△
仮面ライダーキバ:△
仮面ライダーディケイド:〇
(平成2期)
仮面ライダーW:×
仮面ライダーオーズ:△
仮面ライダーフォーゼ:×
仮面ライダーウィザード:〇
仮面ライダー鎧武:〇
仮面ライダードライブ:◎
仮面ライダーゴースト:〇
仮面ライダーエグゼイド:〇
仮面ライダービルド:〇
仮面ライダージオウ:〇

(スーパー戦隊シリーズ)
特に強烈な印象のある一作は「激走戦隊カーレンジャー」(平成8年)。
シリーズトップクラスのふざけまくりのコミカル作。
当時幼稚園だった私はリアルタイムで観てたが、その作風が馬鹿馬鹿しくて十何話かでリタイア。
ところがおよそ22年ぶりに昨年観たら何故か面白い。当時とは違った見え方がして「これはこれなりに良かったのか」と再評価。
DSCN0400[1].JPG

DSCN0402[1].JPG

DSCN0401[1].JPG

◎:非常に素晴らしい 〇:素晴らしい △:比較的イマイチ×:イマイチ

秘密戦隊ゴレンジャー:〇
ジャッカー電撃隊:〇
バトルフィーバーJ:〇
電子戦隊デンジマン:〇
太陽戦隊サンバルカン:◎
大戦隊ゴーグルファイブ:〇
科学戦隊ダイナマン:〇
超電子バイオマン:◎
電撃戦隊チェンジマン:◎
超新星フラッシュマン:〇
光戦隊マスクマン:×
超獣戦隊ライブマン:◎
高速戦隊ターボレンジャー:×
地球戦隊ファイブマン:×
鳥人戦隊ジェットマン:◎
恐竜戦隊ジュウレンジャー:〇
五星戦隊ダイレンジャー:〇
忍者戦隊カクレンジャー:〇
超力戦隊オーレンジャー:◎
激走戦隊カーレンジャー:◎
電磁戦隊メガレンジャー:〇
星獣戦隊ギンガマン:〇
救急戦隊ゴーゴーファイブ:〇
未来戦隊タイムレンジャー:〇
百獣戦隊ガオレンジャー:〇
忍風戦隊ハリケンジャー:×
爆竜戦隊アバレンジャー:×
特捜戦隊デカレンジャー:×
魔法戦隊マジレンジャー:△
轟轟戦隊ボウケンジャー:〇
獣拳戦隊ゲキレンジャー:〇
炎神戦隊ゴーオンジャー:〇
侍戦隊シンケンジャー:〇
天装戦隊ゴセイジャー:×
海賊戦隊ゴーカイジャー:〇
特命戦隊ゴーバスターズ:×
獣電戦隊キョウリュウジャー:△
烈車戦隊トッキュウジャー:△
手裏剣戦隊ニンニンジャー:△
動物戦隊ジュウオウジャー:△
宇宙戦隊キュウレンジャー:△

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

暴れん坊将軍 [エンターテイメント]

暴れん坊将軍・・・江戸幕府8代将軍徳川吉宗が街に出ると庶民にまぎれ、徳田新之助という旗本の侍に成りすまし、江戸にはびこる悪を成敗する痛快時代劇。特番含め832話OAされた。
DSCN0397[1].JPG


時代劇は「必殺シリーズ」ひとすじと考えていたが、昨年の夏その考えが覆される出来事があった。
ひょんな切っ掛けで観た「暴れん坊将軍Ⅳ」の再放送を観てこんなにいい内容だったのかと思い現在に至るまでハマってしまった。
暴れん坊将軍は小学校の時にも観ていたが、当時は最後の見せ場である殺陣の場面が目当てで観ていた。
また大岡忠相役もリアルタイムでは田村亮(田村正和の弟)だったがその前任の横内正の方が断然味があっていい。
DSCN0396[1].JPG

更に同時期に夕方のBS朝日においては記念すべき第一弾「吉宗評判記暴れん坊将軍」が再放送されていた。
この第一弾の時こそが暴れん坊という雰囲気があった。


DSCN0395[1].JPG

(吉宗評判記暴れん坊将軍キャスト)
徳川吉宗(徳田新之助):松平健
大岡忠相:横内正
御庭番・助八:宮内洋(第87話において犠牲)
御庭番・半蔵:和崎俊哉(第88話→)
御庭番・おその:夏樹陽子
加納五郎左衛門忠久:有島一郎
辰五郎:北島三郎
おさい:春川ますみ
山田朝右衛門:栗塚旭

(暴れん坊将軍Ⅳキャスト)
徳川吉宗(徳田新之助):松平健
大岡忠相:横内正
御庭番・才三:五代高之
御庭番・茜:入江まゆ子
紋次郎:渡辺篤史
田之倉孫兵衛:船越英二
辰五郎:北島三郎
おさい:浅茅陽子
山田朝右衛門:栗塚旭

め組の頭:辰五郎演じる北島三郎は歌手としては決して好きではないが、辰五郎の時は良かった。
DSCN0398[1].JPG

なお暴れん坊将軍の最大の見せ場は言うまでもなく殺陣の場面であるが、ほぼ毎回お約束のパターン展開がなされている。
1. 悪役たちが屋敷にて談合する場面に吉宗が現る。
2. 黒幕が「誰だ貴様は」と問いかける。
3. 「愚か者!この顔に見覚えがないか?」と吉宗が言い返す。
4. 思い出した悪役たちが「上様!」と言って土下座。
5. 吉宗がひれ伏す黒幕たちに今までの悪事を述べて「潔く腹を切れ」という。
6. 開き直った黒幕が「上様の偽物だ、叩き斬れ」と言い吉宗が悪の家来に囲まれる。
7. 殺陣のBGMがスタート。
8. 最後黒幕に吉宗は峰打ちをし「成敗」と言って御庭番二人がとどめを刺す。
DSCN0399[1].JPG

また時代劇はもう一つ「剣客商売(藤田まこと)」も観ていて、「必殺シリーズ」「暴れん坊将軍」「剣客商売」以外は観ない。

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

佐原・成田・佐倉 [出張]

千葉を代表する小江戸、小京都的存在である佐原、成田、佐倉を訪れた。
(佐原)
DSCN0380[1].JPG

DSCN0367[1].JPG
諏訪神社
DSCN0368[1].JPG

DSCN0369[1].JPG

DSCN0370[1].JPG

DSCN0371[1].JPG

DSCN0372[1].JPG


伊能忠敬記念館
DSCN0374[1].JPG

伊能忠敬実家
DSCN0375[1].JPG

DSCN0376[1].JPG

DSCN0377[1].JPG

DSCN0378[1].JPG

DSCN0373[1].JPG

DSCN0379[1].JPG



(成田)
参道の商店街は京都のような雰囲気を醸し出していた。
DSCN0387[1].JPG
成田山新勝寺
DSCN0381[1].JPG

DSCN0382[1].JPG

DSCN0383[1].JPG

DSCN0384[1].JPG

成田山公園
DSCN0385[1].JPG

DSCN0386[1].JPG
(佐倉)
武家屋敷
DSCN0388[1].JPG

DSCN0389[1].JPG

DSCN0390[1].JPG

DSCN0391[1].JPG

DSCN0393[1].JPG

DSCN0394[1].JPG
nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

松本城 [出張]

長野県松本市国宝松本城へ行ってきた。

新宿より特急あずさに乗車して行った。
先月のダイヤ改正により自由席は撤廃され全車指定席に。
スーパーあずさも総てあずさに統一され、尚且つ昨年からの新型車両に統一。
DSCN0358[1].JPG

DSCN0359[1].JPG

DSCN0360[1].JPG

DSCN0365[1].JPG

DSCN0366[1].JPG

(天守閣からの眺め)
DSCN0361[1].JPG

DSCN0362[1].JPG

DSCN0363[1].JPG

DSCN0364[1].JPG
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

京都迷宮案内(仁和寺・龍安寺・下鴨神社・上賀茂神社) [出張]

(仁和寺)
DSCN0068.JPG

DSCN0069.JPG

(龍安寺)
DSCN0070.JPG

DSCN0071.JPG

DSCN0072.JPG

DSCN0073.JPG

(下鴨神社)
DSCN0074.JPG

DSCN0075.JPG

(上賀茂神社)
DSCN0077.JPG

DSCN0076.JPG

DSCN0078.JPG
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

若草山・東大寺・春日大社・掬星台 [出張]

4年半ぶりに近畿地方を訪れた。

(若草山)
DSCN0056.JPG

DSC_0002.JPG

DSCN0058.JPG

(東大寺)
DSC_0003.JPG

DSCN0059.JPG

(春日大社)
DSC_0004.JPG

DSCN0061.JPG

大阪環状線には新型が走っていた。
DSCN0062.JPG

(掬星台)
DSC_0005.JPG

DSCN0064.JPG

DSCN0065.JPG
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

西村京太郎トラベルミステリー『寝台急行銀河殺人事件』 [エンターテイメント]

十津川警部と言えば、何人もの俳優が演じている。
自分は、最初の頃は、渡瀬恒彦・伊東四朗のコンビの十津川にハマっていたが、土曜ワイド劇場:『西村京太郎トラベルミステリー』の三橋達也・愛川欽也の方を見てからは、三橋・愛川コンビ以外の十津川は観たい気にならなくなった。
なお、三橋ヴァージョンの場合、三橋の年齢を考慮して十津川警部があまり動き回らない設定にし、代わって愛川欽也が演じる亀井刑事をメインにしていた。

P1000002.JPG

P1000001.JPG

(出演者)
・亀井刑事:愛川欽也
・西本刑事:森本レオ
・星野悠子:加賀まりこ
・星野貞祐:中野誠也
・星野大三郎:山形勲
・井崎:船戸順
・太田由美子:藍ともこ
・小林みどり:山本みどり
・十津川省三:三橋達也
(概要)
寝台急行銀河が米原に到着する際、太田由美子の死体が発見された。
同じ車両に居合わせた井崎が同じ職場の人間というわけで、大阪府警に連行される。
井崎と太田は不倫関係にあった。

だが、真犯人らしきものから手紙が送られたことで、井崎は釈放。

銀河に居合わせた山田の死体が新宿の公園で発見された。

さらに第三の犠牲者に小林みどり。

小林みどりと親しかった同僚に聞き込みをしていたところ、小林みどりは、星野貞祐と不倫関係にあったことが判明。

新たに、第一の犠牲者太田の上のA14は、空いていたはずだが、事件のあった午前2時ころ誰かいたという少年が現れる。

P1000003.JPG

ある仮説に辿り着く。

真犯人は星野貞祐
不倫のスキャンダルを恐れたための犯行。
いきなり小林みどりを殺しては、すぐ自分が疑われる。

捜査をかく乱させる趣旨で太田由美子なども殺害。
井崎が大阪府警に捕まったのは計算外であったため、これでは第二の殺人に進めないため、真犯人からの手紙が送られてきた。

だが、星野は銀河には乗ってなく、事件の日の9時30分には会議があった。

しかし十津川はトリックを見破る。
星野が隣の車両にいて、A寝台には、車掌がいるも、更衣室に隠れ、チャンスを見計らって太田由美子を殺害。

米原で降りて、タクシーで大阪空港に向かい東京に戻る。
9時30の会議にギリギリ間に合う。

だが、あくまでも推測。

そんな時、星野にある女から電話が・・・
「銀河での殺人を見ていた。バラされたくなければ、野々宮神社に500万持ってきなさい」
とのことだった。
星野は野々宮神社へ。
なんとその女は、小林みどりの同僚。
星野はその女を殺害しようとするも、十津川警部が駆けつけて、星野は逃走するも、乗用車にはねられ即死。
P1000004.JPG

なんとその運転者は、星野悠子・・・
夫が殺人で捕まえるのが耐えられなかったのであろう。
P1000005.JPG

衝撃のクライマックスであった。


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

三峯神社 [出張]

秩父の三峯神社へ行ってきた。

DSCN0051.JPG

DSCN0052.JPG

DSCN0053.JPG

DSCN0054.JPG

(西武秩父駅)
DSCN0055.JPG

温泉施設がオープンし、リニューアルした西武秩父駅は、以前よりも賑やかな雰囲気であった。
土産コーナーにおいては、会計は店の外まで行列ができていて、土産一個買うのに、15~20分並び待ちをした。



笠森観音 [出張]

千葉県長南町の笠森観音に行ってきた。
DSCN0044.JPG

展望台
DSCN0045.JPG

DSCN0047.JPG

近くにある沼
DSCN0048.JPG

ハイキングコース
DSCN0049.JPG

参道には猫がいた
DSCN0050.JPG
タグ:笠森観音
nice!(12)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

必殺シリーズ [エンターテイメント]

自分は時代劇には関心がない。 だが、必殺シリーズだけは見る。 ローカルテレビ局において、必殺シリーズが再放送されているが、それを見ているうちに、徐々に関心を抱き、今では熱狂的な必殺シリーズのファンとなってしまった。

今まで見てきた必殺シリーズをランク付けするとすれば、

第1位:必殺仕置人
必殺仕置人.png

放送期間:昭和48年4月21日~10月13日

出演者
・念仏の鉄:山崎努
・棺桶の錠:沖雅也
・鉄砲玉のおきん:野川由美子
・お披露目の半次:津坂匡章
・中村主水:藤田まこと

必殺シリーズの顔となる中村主水が初登場した作品。

必殺シリーズ2作目、中村主水シリーズ1作目にして最高傑作。
ストーリー展開のバリエーションが豊富で、キャラの顔ぶれが豪華(正直、鉄はあまり好きではない。)

実は、この作品の主演は、念仏の鉄(山崎努)であり、主水は脇役であった。

また、棺桶の錠を演じる幻の俳優、沖雅也(画像中央)も当時21歳とは思えない迫力の演技。

第2位:必殺必中仕事屋稼業
無題.png

放送期間:昭和50年1月4日~6月27日

出演者
・半兵衛(そば屋の亭主):緒形拳
・政吉:林隆三
・せい:草笛光子
・利助:岡本信人
・お春(半兵衛の妻):中尾ミエ

必殺シリーズ5作目。

当時のシリーズ最高視聴率34%(近畿地方におけるデータ)を記録。

ところが、昭和50年の春、13話と14話にの間におけるネットチェンジによって、放送局が毎日放送(現TBS)から朝日放送(現テレビ朝日)に変更、放送日も土曜22時から金曜22時へ移行されたことにより視聴率は半減してしまう。

ある日、仕事屋の元締せいによってスカウトされた殺しの実行役である半兵衛と政吉は殺しに関しては初挑戦で、ズブの素人。そんな決して強くはない二人ではあるが、最終話に近づくにつれて、プロの殺し屋へと進化していく。せいは政吉の持っていた刀から、過去に養子に出して生き別れになった息子であることに気づく。やがて政吉も、せいが実の母だったのではないかと薄々気づく。

この作品は個人的最終話の内容ではシリーズナンバー1だったと思う。
最終話の前話では、半兵衛が殺しに向かうべく武器の剃刀を持ち出すところを妻のお春に目撃され、裏稼業のことをカミングアウト。それでも互いに、愛想を尽かすことはなかった。

最終話では、仕事屋の実態を探る火盗改によって政吉は拷問の末、秘密を守るべく、役人の刀でせいの目の前で自害。
その後せいは火盗改の長官熊谷への復讐に成功するも、半兵衛の目の前で政吉の後を追い刀で自害しようとするも、『あなたは無様に生きなければならない』と半兵衛に説得され、思いとどまる。
半兵衛は、役人たちに顔を見られ、人相書きが出回ってしまったことから、妻のお春のところに金だけ置いて、どこかへと旅立ってしまった。

第3位:必殺仕置屋稼業
0.png

放送期間:昭和50年7月4日~昭和51年1月9日

出演者
・市松:沖雅也
・印玄:新克利
・捨三:渡辺篤史
・おこう:中村玉緒
・中村主水:藤田まこと

必殺シリーズ6作目、中村主水シリーズ3作目。

緊迫度でいえばシリーズ1。ゾクゾクした雰囲気が思い出すたびに興奮する。
今作より中村主水が主演となるも、エンディングの字幕では、沖雅也が先頭で藤田まことが最後尾になっている。

前作の『必殺必中仕事屋稼業』でネットチェンジにより視聴率が落ちてしまったことから、『必殺仕置人』、『暗闇仕留人』で好評だった人気キャラ、中村主水を起用し視聴率を回復させた。
『必殺仕置人』で棺桶の錠を演じた沖雅也が、タイプの異なる冷酷な殺し屋市松を演じた。

最終話では、奉行所に捕まってしまった市松を、主水が意図的に逃がしたことにより、主水は同心の中では最低ランクとなる、牢屋見回り同心に降格処分となる。

そして引き続き『必殺仕業人』へと繋がっている。

第4位:暗闇仕留人

放送期間:昭和49年6月29日~12月28日

出演者
・糸井貢:石坂浩二
・大吉:近藤洋介
・鉄砲玉のおきん:野川由美子
・お披露目の半次:津坂匡章
・中村主水:藤田まこと

必殺仕置人の続編であり、幕末の江戸が舞台。

必殺シリーズ4作目、中村主水シリーズ2作目ではあるが、主演は糸井貢(石坂浩二)。

糸井貢は高野長英を師に持つ蘭学者であり、主水とは義兄弟にあたる。病弱な妻あやのために、裏稼業を始める。
17話において、外道によって妻のあやが殺害されてしまい、このあたりから、蘭学に対する未練からか、裏稼業に疑問を抱き始める。

糸井が殺しはこれで最後にすると臨んだ最終話では、同じく開国推進派の人物が殺しの標的であり、躊躇したところ返り討ちにあって死去してしまう。
最終話において主演が犠牲になるというシリーズ初のパターンとなり、さらに糸井が主水チームからの犠牲者第1号ということになった。

【番外編】
上位4つはこの様な感じだが、
記念すべき初めて見たのが
必殺仕事人Ⅲ

放送期間:昭和57年10月8日~昭和58年7月1日

出演者
・中村主水:藤田まこと
・飾り職人の秀:三田村邦彦
・三味線屋の勇次:中条きよし
・何でも屋の加代:鮎川いずみ
・順之助:ひかる一平
・おりく:山田五十鈴
・筆頭同心田中:山内としお

必殺シリーズ19作目、中村主水シリーズ9作目。
自分にとっては、生まれて初めて見た必殺がこれであり、それだけに特別な思いがある。

21話では、近畿地方におけるデータではあるが、視聴率37%でシリーズ最高視聴率を記録。必殺シリーズの人気をさらに決定づけた。

また、前作の新必殺仕事人より初登場した主水の上司の筆頭同心田中(山内としお)はこの回から、さらにオカマっぽい人格となっている。
何でも屋の加代演じる鮎川いずみが歌うエンディングテーマ、『冬の花』も大ヒットした。
知名度でいえば「仕事人」だろうが、内容では、前期シリーズの方が断然面白い。


上記以外にも、シリーズ記念すべき第1作目『必殺仕掛人』、最終話が究極的な内容であった『新・必殺仕置人』『必殺仕業人』、『必殺からくり人』、『必殺からくり人血風編』、『新必殺からくり人東海道五十三次殺し旅』『助け人走る』、『必殺仕舞人』、『必殺商売人』、『必殺仕事人(第一弾)』、三味線屋の勇次が初登場した『新必殺仕事人』、政(村上弘明)が初登場した『必殺仕事人Ⅴ』『必殺仕事人Ⅳ』、『必殺仕事人激突!』、『必殺仕切人』なども欠かせない。
nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

いざ鎌倉・横浜ランドマークタワー [出張]

鶴岡八幡宮
DSCN0011.JPG

DSCN0012.JPG

報国寺
DSCN0013.JPG

建長寺
DSCN0016.JPG

DSCN0017.JPG

ハイキングコースからの由比ヶ浜方面の眺め
DSCN0019.JPG

富士山方面の眺め
DSCN0020.JPG

円覚寺
DSCN0021.JPG

DSCN0022.JPG

生まれて初めて江ノ電に乗って長谷寺へ
DSCN0026.JPG
長谷寺からの鎌倉市街
DSCN0025.JPG

横浜ランドマークタワー

東京方面
DSCN0027.JPG

富士山
DSCN0030.JPG

DSCN0031.JPG

最後に、これがおよそ4年ぶりの記事更新となった。
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

新・京都迷宮案内 [出張]

<本日の概要>
・田舎亭

・金閣寺(鹿苑寺)

・鞍馬

・銀閣寺(慈照寺)

・南禅寺

京都タワー


『京都迷宮案内』に登場する、橋爪功演じる杉浦恭介と北村総一朗演じる大洞浩次郎が下宿している『田舎亭』を発見!
2012102009350000.jpg
また、女将の市田ひろみ演じる良成貞子が出てきそうな雰囲気であった。

(鴨川)
2012102009540000.jpg

(京都駅)
011.JPG

(金閣寺入り口)
2012102011350000.jpg

(金閣寺)
2012102011230000.jpg

次は、出町柳駅から叡山線で鞍馬へ。
(出町柳付近の鴨川)
2012102012160000.jpg

(鞍馬)
2012102013050000.jpg

2012102013110000.jpg

2012102013150000.jpg

(本殿)
2012102013180000.jpg

(本殿からの眺め)
2012102013200000.jpg

(奥の院魔王堂)
2012102013350000.jpg
この山奥も実は、京都市内。 ハイキングコースでは、秋ではあるが、ツクツクボウシが鳴いていた。

(銀閣寺)
2012102015210000.jpg

2012102015220000.jpg

2012102015260000.jpg

2012102015280000.jpg

哲学の道に沿って、南禅寺へ。
(哲学の道)
2012102015490000.jpg

途中、のら猫がたくさんいるスポットがあった。2012102015500000.jpg

2012102015510000.jpg

2012102015510001.jpg

(南禅寺三門)
2012102015590000.jpg

(水路閣)
2012102016030000.jpg

(三門からの眺め)
2012102016090000.jpg

2012102016100000.jpg

(南禅院)
2012102016170000.jpg

2012102016180000.jpg

最後は京都タワーへ。
(大阪方面)
2012102019030000.jpg


後楽園・高松・通天閣 [出張]

<本日の概要>
・後楽園
↓マリンライナー
・高松(玉藻公園)
↓マリンライナー・山陽本線
・通天閣


岡山の後楽園に行ったことによってついに日本三名園制覇した。
・偕楽園
http://deluxe9058.blog.so-net.ne.jp/2012-05-11

・兼六園
http://deluxe9058.blog.so-net.ne.jp/2012-10-08

後楽園

後楽園2

続いては、マリンライナーで高松へ。 生まれてはじめて四国へ。
002.JPG

(玉藻公園)
003.JPG

004.JPG

005.JPG

006.JPG

(高松からの瀬戸内海)
2012101913060000.jpg

2012101913130000.jpg

2012101913240000.jpg

(マリンライナーからの瀬戸大橋の光景)
2012101914310000.jpg

(山陽本線新快速の車窓からの大阪湾)
007.JPG

008.JPG

通天閣からの夜景
(大阪駅方面)
2012101918450000.jpg

(天王寺方面)
2012101918450001.jpg

(USJ方面)
2012101918500000.jpg

東京都庁展望室 [出張]

初めて東京都庁の展望室へ。
無料で入れて、この景色を見れるのはぜいたくな気分であった。

(東京スカイツリー方面)
2012101615270000.jpg

(横浜方面)
2012101615370000.jpg

(埼玉方面)
2012101615380000.jpg

(東京タワー方面)
2012101615550000.jpg

藤子不二雄ミュージアム [出張]

神奈川県川崎市の『藤子不二雄ミュージアム』へ行った。
なお、チケットについては、窓口販売ではなく、インターネットによる事前購入のみなので注意を。

2012101012120000.jpg

2012101012180000.jpg

2012101012260000.jpg

展示室のほとんどが撮影禁止であった。
nice!(14)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

キテレツ大百科『ブタゴリラ絶叫!夏休み地獄の大脱走!』鑑賞 [エンターテイメント]

ブタゴリラ絶叫!夏休み地獄の大脱走!
この回のみならず、かつてフジテレビ、地方のローカルテレビにおいても何度も再放送されていて、キテレツのほとんどは見おぼえがある。それでも今改めて見てもかなり面白い。

*ネタバレあり

<あらすじ>
ブタゴリラからキテレツ宅に電話がかかる。
001.JPG
ブタゴリラ:「キテレツに助けてと伝えておいてください。」

002.JPG

ブタゴリラは誘拐にあったのではないかと思い、キテレツらは、ブタゴリラを救うべく出発。
003.JPG
ブタゴリラの声が聞こえる発明道具を頼りに、ついに居場所をつかむ。

結局ブタゴリラは誘拐されたのではなく、だらしない性格を改善すべく山奥の寺で両親により修業させられていたのであった。
その修業に耐えられなくなり、キテレツに電話をかけたのであった。



アニメは、キテレツ大百科しか観ない。
nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

兼六園 [出張]

生まれて初めて金沢市へ行った。
<本日の概要>
・大宮駅
↓上越新幹線MAXとき
・越後湯沢
↓はくたか
・金沢駅

・兼六園

・金沢城公園

・ひがし茶屋街通り

(特急はくたか)
はくたか

(浅野川)
浅野川

(兼六園)
兼六園1

兼六園2

兼六園3

兼六園4

兼六園5

兼六園6

兼六園7

兼六園8

今年の5月に行った水戸の偕楽園よりもよかった。
http://deluxe9058.blog.so-net.ne.jp/2012-05-11
もし、岡山の後楽園にもいけば、日本三名園制覇となる。

(金沢城公園)
金沢城公園1

金沢城公園2

金沢城公園3

(ひがし茶屋街通り)
ひがし茶屋街通り

横浜みなとみらい [出張]

はじめてみなとみらい21へ行った。
(横浜の夕景)
横浜みなとみらい1

(赤レンガ倉庫からの横浜の夜景)
横浜みなとみらい2

これほど輝かしい夜景を見たのは久々であった。

はぐれ刑事純情派『痴漢に間違えられた安浦刑事』鑑賞 [エンターテイメント]

はぐれ刑事純情派第4弾『痴漢に間違えられた安浦刑事』(平成3年5月22日放送)

2012100620270000.jpg

主な出演者
・安浦吉之助:藤田まこと
・田崎刑事:岡本麗
・里見刑事:ぼんちおさむ
・川辺課長:島田順司
・横溝署長:梅宮辰夫
・菅井:北村総一朗

概要

 安浦刑事が朝の満員電車において、痴漢に間違えられる。安浦刑事は否認するものの、捕まえた女性は確かに痴漢をしたと言っている。

そこで安浦刑事を救うべく、田崎刑事らがその女性について調査すると、なんと万引きで逮捕歴があった。田崎刑事は、その女性は、その時の復讐をすべく警察を痴漢として仕返しをしたのではないかと推理した。
しかしそれでも、なぜ安浦刑事を外見だけで警察だとわかったのかという疑問があった。

その女性が万引きをしたときに逮捕したという当時の刑事の菅井にあったってみると、確かにその女性が万引きをするのを見て不当逮捕のはずがないという。

その後、菅井はある夜に何者かにナイフで刺されたが、一命は取り留める。

2012100620540000.jpg

やがて、菅井を刺したとして、万引きで逮捕された女性の母親が自首した。
やはり動機は、娘の復讐のためであった。

そしてここで、なぜ女性が安浦刑事を警察の人間であったのかが明らかに。
実はその女性も、安浦刑事行きつけのバーの常連であった。
そこで、万引きの復讐をすべく安浦刑事を選んだのであった。

次に彼女は、退院した菅井のマンションの前にて、誤認逮捕をし、私の人生をつぶしたというビラを配り、復讐行為に出た。
それを黙らせるべく、菅井は、手を組んでいる悪徳不動産会社の部下に暴力を依頼。
それを助けようとした安浦刑事が殴られてしまうも、すぐに里見刑事らも駆けつけ、逮捕。
また、菅井も、暴力教唆で逮捕された。

これにより、安浦刑事の痴漢の疑いも晴れ、自首した彼女の母親の起訴も見送られた。


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

東京スカイツリー [出張]

本日は、今年5月に開業した東京スカイツリーへ行ってきた。

(浅草からの東京スカイツリー)
2012100513500000.jpg

展望台へ行くまでは、およそ1時間半も並び待ちをした。

行った時間がタイミングよく、夕景の後夜景が見れる時間帯であった。 展望デッキについたときはかろうじて夕景が見れた。
<展望デッキ>・・・350m
(新宿副都心方面)
2012100517190000.jpg

(お台場方面)
2012100517240000.jpg

<展望回廊>・・・450m
2012100517560000.jpg

2012100518250000.jpg


京都迷宮案内 [出張]

2日目は、見どころ満載の千年の古都:京都市内を回る。
橋爪功の『京都迷宮案内』、藤田まことの『京都殺人案内』(土曜ワイド劇場)をはじめ、さまざまなサスペンスドラマの舞台でもある。

杉浦恭介になったつもりで古都を疾走します
<本日の概要>
・東寺

・東福寺

・嵐山

・東映太秦映画村

・京都御苑

・清水寺

(鴨川)
016.JPG
本日もまた、成り行き任せの旅が再開された。

(京都駅)
017.JPG

(東寺)
018.JPG

019.JPG

020.JPG

(東福寺)
021.JPG

022.JPG

023.JPG

024.JPG

025.JPG

026.JPG

027.JPG

028.JPG

029.JPG

030.JPG

031.JPG

032.JPG

(嵐山)
033.JPG

2012100312040000.jpg

2012100312050000.jpg

2012100312060000.jpg

2012100312090000.jpg

昼食
2012100312340000.jpg

橋爪功さんの『京都迷宮案内』のオープニングにおいて、杉浦恭介が疾走する場面でも出ていた竹林。
2012100313040000.jpg

嵐山竹林2

(東映太秦映画村)
035.JPG

036.JPG

037.JPG

038.JPG

(京都御苑)
043.JPG

(清水寺からの京都市街の夕景)
2012100317340001.jpg

法隆寺・大阪・神戸 [出張]

<本日の概要>
・大宮駅
↓宇都宮線・山手線
・東京駅
↓東海道新幹線のぞみ
・京都駅
↓奈良線・大和路線
・法隆寺
↓大和路線・近鉄奈良線
・道頓堀
↓近鉄難波線・大阪環状線
・大阪城公園
↓大阪環状線・神戸線
・神戸
↓神戸線・京都線
・京都駅

(のぞみ号201号)
2012100206410000.jpg
こうしてついに、成り行き任せの旅が始まった。

(JR奈良線)
2012100209050000.jpg

(京都駅)
2012100209070000.jpg

朝食(京都駅で売っていた、とんかつ弁当)
2012100209260000.jpg
9:30過ぎ、奈良線で景色を楽しみながらようやく朝食。

(法隆寺)
2012100211010000.jpg

2012100211030000.jpg

(近鉄奈良線からの大阪市街)
2012100212450000.jpg

(道頓堀)
2012100213480000.jpg

(大阪城)
006.JPG

001.JPG

002.JPG

003.JPG

004.JPG

005.JPG

(大阪駅)
007.JPG

(神戸ポートタワー)
008.JPG

009.JPG

010.JPG

011.JPG

タワーの下には野良猫がたくさんいた
012.JPG

013.JPG

神戸・京都線新快速で再び京都へ。
014.JPG

鉄道博物館 [出張]

10月になったにもかかわらず、何とまだセミの鳴き声が聞こえる。 自分の人生で10月になってもセミが鳴いているのは初めてではないだろうか…?

2012100115440000.jpg

平日にもかかわらず多くの人々が。
運転シュミレーターも約50分も待たされた。
2012100117120000.jpg

ここの屋上もいい景色が見られた。
2012100117240000.jpg

東北新幹線が通過する景色もみられる。
丁寧に通過時刻が書かれたものもあった。
2012100117250000.jpg

『弁護士・高林鮎子』『京都迷宮案内』鑑賞 [エンターテイメント]

本日は、
・弁護士・高林鮎子(火曜サスペンス劇場)
・京都迷宮案内
を鑑賞した。

特に、『弁護士・高林鮎子』、『京都迷宮案内』に出演している橋爪功演じる竹森慎平、杉浦恭介は実に素晴らしい

002.JPG

(高林鮎子(眞野あずさ)、竹森慎平(橋爪功)のコンビ)
001.JPG

『京都迷宮案内』の杉浦恭介の場合は、竹森慎平に比べ、過激な人柄の場合があり、たまに謹慎になることもある。

杉浦恭介と北村総一朗演じる大洞浩次郎の掛け合いが毎回楽しみであった。
2012100101260000.jpg

2012100101390000.jpg
nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

小江戸:川越・幕張海岸 [出張]

本日は、火曜サスペンス劇場:監察医室生亜季子の舞台である川越を訪れた。
その後は幕張海岸へ。

<本日の概要>
・喜多院

・時の鐘

・菓子屋横丁

・本丸御殿

川越駅
↓埼京線
新木場駅
↓京葉線
海浜幕張

(川越駅)
2012092909020000.jpg

(喜多院)
2012092909450000.jpg

2012092909460000.jpg

2012092909560000.jpg

2012092910010000.jpg

9月末にも関わらず、まだセミの鳴き声がよく聞こえていた。 おそらく自分の人生でこの時期になってもセミが生きているのは初めてであろう。

(蔵造りの街並み)
2012092910470000.jpg

(時の鐘)
2012092910480000.jpg

2012092911010000.jpg

(菓子屋横丁)
2012092911020000.jpg

(本丸御殿)
2012092911200000.jpg

(新木場駅ホームからの東京スカイツリー)
2012092914390000.jpg

2012092915540000.jpg

2012092915550000.jpg

2012092916120000.jpg


監察医・室生亜季子⑱『時効なし』鑑賞 [エンターテイメント]

時効なし~25年前の白骨死体、歯間空隙の歯型が狂わせた男と女の愛~ 平成7年7月25日放送 同作は、火曜サスペンス劇場において放送された最多作数(37話)を誇る作品である。 2位は、『弁護士・高林鮎子』の34話である。

主な出演者
・室生亜季子:浜木綿子
・浜田警部:左とん平
・岡崎昇:岸田敏志
・患者:藤田まこと(特別出演)

監察医・室生亜季子①


概要

 川越駅前に新たにライバルクリニックが開業したことにより、室生医院の患者数が減少した。
そのクリニックには、かつて室生亜季子がお世話になっていた教授の息子(岡崎昇)が勤めていてる。

寺の墓地より、人間の白骨死体が発掘される。その白骨死体は、死後20年近く経過していることが判明。
またその特徴としては、絞殺され、歯に隙間があるというものであり、時効はとっくに成立しているであろうものの、浜田警部とその部下らが、データベースをもとにしらみつぶしにあたることに…
そして、その条件に合った人の遺族にあたり、その白骨死体の人間のもと妻は、室生亜季子がかつて世話になった教授の介護をしている女性であることが判明。その女性と教授は居酒屋の常連で親しくなったのであった。

その白骨死体の人はやはり、その教授の介護をしている女性が殺害して、死体を遺棄したのであった。
さらなる事実は、教授の息子も死体遺棄を手伝っていたということを彼の近所に住んでいて、なおかつクリニックで看護婦を務めている女性が見ていて、弱みを握られているということであった。

次に、その女性が秩父で死体として発見。
教授の息子が突き落としたものではないかとみられていたが、白骨死体のもと妻の犯行であった。
白骨死体の人間のもと妻がこっそり乗用車で後をつけていたのであった。

その後、その新たなクリニックは、違う場所に移り、再び室生医院には多くの患者が戻ったのであった。
監察医・室生亜季子②

監察医・室生亜季子③

監察医・室生亜季子④


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の30件 | -